So-net無料ブログ作成

温泉の巻き [温泉]

今回宿泊した宿は、「湯守 田中屋」さんです♪

ここに宿泊するのも2回目。 1度目は、mi君が2歳の頃だったと思います。 あの頃とは経営者が変わって、リニューアルされてから1年位経つのかな?まだぎこちない感じでしたが、快適さは変わっていませんでした(^-^)

旅館での写真は撮っていないので、コチラ で!

 

では、ひとっ風呂いってきま~す♪

 

   

            ?????

こちらの野天風呂は、320段の階段上り下りしなくては行けないのです!!!

もちろんhiro君は、おんぶして、ですよ! 階段も滑りやすいので、気をつけて行ってみましょう~!

   

やっと、もうちょっと、という所までやって来ました。下の方にキラキラしてるの見えますか?

 

   

じゃ~ん! 到着~! では、お風呂の前まで、

 

温泉からは、渓流が眺められます。

 

紅葉を眺めながら~と思って、10月下旬を選んだんですが、塩原は11月のはじめが見ごろだそうです。

それでも、少し色づいてきた葉っぱと渓流に癒されました。

この混浴風呂は他に2つあるんですが、前日の大雨で水かさが増し、塞がっていました。 残念。。。

なんとなく、わかりますか? もうちょっとアップで、

 ここお風呂なんす。

入れる状態のときは、河に足を入れたりも出来るんでよ!

 

混浴は、ちょっと・・・・・という女性にも安心!

   

「女湯」 です。 囲われた脱衣所もあるので大丈夫。

ここで、バスタオルを巻いて、混浴にいけます。 

 

*注  「湯守 田中屋」はバスタオルOKです。

 

ゆっくりお風呂に浸かって、気持ちよくなっても、帰りの階段でマジで気を失いそうになったmihiroです。 ふわふわした状態で、hiro君をおぶってはやっぱり大変でした。 でも抱っこよりは楽かもね。

 

気持ちよかったね♪・・・・・・では終わらない!

 

でもまた入りたくなる! 

 

そんな体験してみませんか?

 

2泊3日で、このお風呂に3回行きました。疲れたよ(本音)

 

他にも、20段位で行ける「ひのきの露天風呂」や旅館の内湯に「展望風呂」もあるので、夕食後にも気軽に入れますよ。

 

今度行くときは、2人が階段を上れるようになってから・・・・

と心に決めた会員No.104 mihiroでした。

 

 

 


nice!(23)  コメント(21) 

旅行 3日目~地獄谷野猿公園~<前編> [温泉]

<はじめに>9月27日~の3泊4日の旅を忘れないうちに、のせていこうと思います。 もし時間があったら、この旅を見てくださいね(^-^)

 

 

コチラは、1日目と2日目に泊まった「ホテル太閤」の露天風呂。3日目の朝にしてようやく晴れ間が見えました!誰もいなかったので、写真が撮れたのですが、こういうところのお風呂は、なかなか写真撮れませんよね。 2枚目の黒く写っているのが、黒姫山だと思います。

 

ではでは、入浴シーンをご覧下さいw

 

 

  

いやーん。 ちがったー!(笑)

これは、「地獄谷野猿公園」のお猿さん♪

本当に山の中のほうのある公園なんです。

実際に温泉も噴出していて

  

ちょこっと、山道も登るんですが、hiro君をおぶっている私は、バテ気味(^^;。 奥の方で、「はやく~」と言っているはずです。

で、入り口がこちら、

  

色々、注意事項が書かれていて、ふざけるとマジで危ないらしいです!

  

写真を撮っていたら顔を隠す小猿ちゃん この子で、産まれて4ヶ月なんですって! 温泉の中にもぐったりするんですよ! 人間の子の4ヶ月って、寝返りをうったりするぐらいなのにね。

  

ここのおサルは、飼われているのではなく、まさに「野猿」なので、じっと見たり、手を出したりしたら危険です。hiro君をおぶってきて、正解でした。 襲われていたかもしれませんもんね。

 

ではでは、珍しい入浴シーンをもう少し

  

               

この温泉は、本来は熱めらしく、暖かい時期はあまり入らないので、水を足してぬるめにしてあるそうです。 なので、子ザルが遊びで入ってる姿が多く見られました。

冬になると、温度調節無しで、常におサルがつかっているそうです。 このおサルさんに魅了された写真家も多く、足元が危険な冬場もこのおサルを求めて、撮りにくるそうですよ。

 

そして、ここの名物

  ちまき

メチャクチャ、おいしかったです!

 

さあ、長野を後にして、次に移動です。

 素敵な風景を眺めながら

ちょっと気になたので、立ち止まりました。

源泉のようです。 すごいですねー、このけむり。

    

下からも、ボコボコと! 誤って触ったら火傷しちゃいますよ。

お昼に寄ったレストランでは、

 いい眺めのなか

ぷは~志賀高原ビール 

                注)mi君は飲んでいませんから

おっと、まだ長野だった!

 

 

ここは、どこでしょう? 分かりますか?

では、これで分かりますか?

 

そう!草津温泉です!

でも、立ち寄っただけだけど(^^;。

平日でもものすごい賑わいなんですね、ここは!

そんでもって、やっぱり欠かせないのは、

 日本酒

どこまで、飲んだくれるんだ? と自分で突っ込みながら買ってました(笑)

 

最終的にはどこに行ったのかと申しますと、「伊香保温泉」です。 それについてはまた次回にします(^-^)

 

 

***おまけ***

昨日は、ハロウィンでしたね。

mi君のお友達の女の子に、手づくりのビーズアクセサリーをプレゼントしたところ、

「○○ちゃんに」、と貰っちゃいました!

 ↑ はい、ここ重要。 ちゃんづけです(笑)               

 

   

かわいい♪ とっても嬉しいです!ありがとう(^-^)


nice!(18)  コメント(13) 

my ベスト3! [温泉]

 

このたび、『ソネ風呂混浴露天の会』に入会したので、まずは今までに行っ事のある数少ない温泉の中から、myベスト3を発表したいと思います(^_^)

『第1位 藤よし』

   

       

以前にも載せたことのあるこの写真は、藤よしで撮影しました。ここは、もともと料理がメインだったので、ご飯はめちゃめちゃおいしいです!温泉も女性に嬉しい美人の湯でお肌はツルツル、眺めも最高!少しずつ増築されて、温泉も増えていってます。離れもあるので、大家族でもOK!

☆水着&バスタオルOKです。  

 

『第2位 女夫淵温泉』

正直、1位と迷いました。でも行ったのが、7年も前なので、どう変わってるか分からなかったから。でもここは、温泉天国です。暖かい時期に行くと、全部はいれるかも。雪の時期は一部入れなくなり、階段が凍っているので子供はきついかな。でも、雪見風呂・・・最高です!

☆バスタオルOKです。

 

『第3位 湯守 田中屋』

ここも改築しました。新しくなってからは、行った事ないけど、渓流沿いにあるここの温泉に入るには、320段の階段を上り下りしなくてはいけません。下りは楽勝でも、温泉後の上りはきついです。でもそんな試練を乗り越えでも、入る価値がありますよ。

※注意 夏の終わり頃に虻が発生します!

☆バスタオルOK

 

 

♪おまけ♪

ホテル塩原ガーデンの露天風呂つきの部屋。

 窓からの眺め

ここも、気持ちいいよ~♪家族で、好きなだけ入れるしね^^。

 

      

 

   

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。